<予約速報>この世界の片隅に ドラマ DVDBOX 発売日・特典情報

この記事では、2018年9月16日に最終回を迎えた松本穂香さん主演ドラマ「この世界の片隅に」のBlu-ray BOX&DVD-BOXの予約情報、発売日、先着特典、レンタル開始日など掲載しています。

TBSテレビ日曜劇場「この世界の片隅に」Blu-ray BOX&DVD-BOXは、2019年2月13日に発売されます。

発売形態はBlu-ray BOX・DVD-BOXどちらも1形態のみ。収録内容は共通で、本編全9話加えメイキングドキュメントやスペシャル座談会などの映像特典が収録されますよ。

また、早期予約特典や初回限定特典、数量限定の店舗特典も用意されていますので、早めの予約をおススメします。

Blu-ray&DVDの発売日

  • 2019年02月13日

参考価格

  • Blu-ray BOX:24,000円(税抜)
  • DVD-BOX:19,000円(税抜)

各形態の特典・違いはこちら

店舗限定特典について

TBSショッピングでは、限定特典「ポストカード」「スケッチブック」が先着でプレゼントされています。

TBSショッピング(楽天)
TBSショッピング(ヤフー)
  • ポストカード
    すずが劇中で描いた絵をポストカードにしました☆お手紙に使うのはもちろん、お部屋に飾るのもおすすめです!!
  • スケッチブック(B6サイズ)
    劇中登場のスケッチブックをイメージしたデザインです☆


画像引用 – TBSショッピング

通販サイトの価格比較

DMM.com
BD-BOX
25,920円 26%(6,740円)OFF
DVD-BOX
20,520円 26%(5,336円)OFF

DMM.comの売り場へ行く

  • 送料324円
店頭受取:送料無料
楽天ブックス
BD-BOX
25,920円 25%(6,480円)OFF
DVD-BOX
20,520円 25%(5,130円)OFF

楽天ブックスの売り場へ行く(BD)

楽天ブックスの売り場へ行く(DVD)

  • 送料無料
セブンネット
BD-BOX
25,920円 23%(5,520円)OFF
DVD-BOX
20,520円 23%(4,370円)OFF

セブンネットの売り場へ行く

  • 送料324円
店頭受取:送料無料
HMV
BD-BOX
25,920円 17%(4,406円)OFF
DVD-BOX
20,520円 13%(2,668円)OFF

HMVの売り場へ行く

  • 送料216円
店頭受取:送料無料
ヨドバシ
BD-BOX
25,920円 15%(3,890円)OFF
DVD-BOX
20,520円 15%(3,080円)OFF

ヨドバシの売り場へ行く

  • 送料無料
TSUTAYA
BD-BOX
25,920円 12%(3,111円)OFF
DVD-BOX
20,520円 12%(2,463円)OFF

TSUTAYAの売り場へ行く

  • 送料無料
TBSショッピング
BD-BOX
25,920円
DVD-BOX
20,520円

TBSショッピングの売り場へ行く(楽天)

TBSショッピングの売り場へ行く(ヤフーショッピング)

  • 送料無料
  • 限定特典あり
タワーレコード
BD-BOX
25,920円
DVD-BOX
20,520円

タワーレコードの売り場へ行く

  • 送料無料
楽天市場

楽天市場の売り場へ行く

ヤフーショッピング

ヤフーショッピングの売り場へ行く

Amazon

Amazonの売り場へ行く

どれを買う?アンケート実施中!

どれを買う?人気投票アンケート

「この世界の片隅に」Blu-ray BOX&DVD-BOXに対する期待度は星何個?

みんなの期待度

※送料について詳しくはこちら

各形態の特典・違いについて

Blu-ray BOX・DVD-BOXの各種特典内容は共通となっています。
※各特典の絵柄やデザインは公開されていません。

早期予約メーカー特典
  • ポストカードセット 3枚
初回生産限定特典
  • 日曜劇場「この世界の片隅に」× 濱田英明 オリジナルフォトブック
    (日曜劇場「この世界の片隅に」と写真家・濱田英明氏とのコラボレーションとして番組インスタグラム・アカウントにて掲載されていた写真を抜粋し、まとめた写真集です)
封入特典
  • ブックレット
特典映像
  • 「この世界の片隅に」メイキングドキュメント
  • 撮影現場のスクープを探せ!
  • 北條家 スペシャル座談会
  • ぶっちゃけ女子会(松本穂香×伊藤沙莉×土村芳)
  • ハプニング集
  • 名場面&クランクアップ集
  • SPOT集

レンタル開始日について

TSUTAYAなどでのレンタル開始日はまだ発表されていませんので、わかり次第ご紹介します。

▼TSUTAYA TVでは「この世界の片隅に」の動画配信中(30日間無料)

最終回の感想・評価まとめ

週末楽しみにしていたドラマが終わってしまった。すずさんと周作さんの夫婦感が好きでした。戦争の描写は少ないけど、戦争がもたらすものの大きさは十分に伝わった。ステキなドラマをありがとう。 今、生きていられることに感謝。
節子に晴美の服をあてる径子さんの表情とか声がグッときて、尾野真千子はさりげないシーンでも本当に心を演じられると思った。すごさを思い知る
この世界の片隅にのみんながいとおしくて大好きでした。辛いこともあったけれど見ていて幸せな気持ちになれるドラマでした。素敵なドラマをありがとうございました。
この世界の片隅にとても良かった… 一本の映画を見ているような充実感。悲しい面ばかりじゃなく日常を映しているからこそ最後まで見ることができたのかも。
最初から最後まで感動してしまった 戦争を経験したわけでは無いのに、何かを無くしたような何か忘れていたものを思い出したような気がする。
この世界の片隅にドラマもとても良かった…!すずさんかわいかったなぁ☺️
良い終わり方だった。重いお話の中に実写ならではの柔らかい空気感があった。現代パートと時間が繋がっていく演出は、実写作品ならではだと思う。
映画が好きだったからドラマも見たんだけどすごく良かった👏🏼✨ キャストも良くて特に伊藤沙莉ちゃん最高だった🙆🏼‍♀️💓
この夏1番好きだったドラマ「この世界の片隅に」が終わってしまった… 映像と音の美しさ、登場人物の今を生きていく覚悟のようなものは毎週見ていて心地よかったなー。 原作も見てみようかな。

視聴率推移

第1話「昭和の戦争のさなか懸命に生きた家族の愛と命の感動物語!」(7月15放送)
10.9%
第2話「小姑襲来! 戦時下の広島波乱の新婚生活が幕を開ける!」(7月22日放送)
10.5%
第3話「初めての逢引、交錯する4つの運命」(7月29日放送)
9.0%
第4話「りんどうの秘密、知られざる過去」(8月5日放送)
9.2%
第5話「空襲来る…さよなら初恋の人」(8月12日放送)
8.9%
第6話「昭和20年夏、きたる運命の日!」(8月19日放送)
8.5%
第7話「昭和20年8月広島…失った笑顔、絶望の先」(9月2日放送)
9.8%
第8話「最終章前編! 戦争が終わる…さよなら親友」(9月9日放送)
10.9%
最終話「完結〜原爆後の広島で出会った愛の奇跡」(9月16日放送)
10.0%

放送開始日

こうの史代さんの漫画が原作となっているドラマ「この世界の片隅に」が、7月15日からTBS系で毎週日曜日夜9時に放送されています。

この作品は太平洋戦争中の広島を舞台にしたお話です。戦時中の過酷な時代の中でも人間らしく懸命に生きていこうとする、主人公・すずさんの温かい日常が描かれていますよ。
この作品は2016年にアニメ映画化され、日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞に選ばれています。
また、2011年の終戦記念日に北川景子さん主演でスペシャルドラマ化されていますよ。

ドラマ「この世界の片隅に」の脚本を務めるのは、これまでにNHKの朝ドラ『ひよっこ』や『ちゅらさん』等の作品を手掛けてきた岡田惠和さんです。

第1話のあらすじ

昭和9年のある日、広島県広島市江波に住む少女・浦野すず(幼少期:新井美羽、大人時代:松本穂香)はお使いに出た帰り道、川原で絵を描いていたところを人攫いに捕まってしまう。しかし、先に捕まっていた少年・周作(幼少期:浅川大治、大人時代:松坂桃李)の機転で逃げ出すことに成功する。無事自宅に帰りついたすずだが、今日の出来事が夢のように思えて…。

時は経ち昭和18年秋。妹のすみ(久保田紗友)とともに祖母・森田イト(宮本信子)の家で手伝いをしていたすず(松本穂香)のもとに叔母が駆け込んできた。江波の自宅にすずを嫁に欲しいという人が来ていると連絡があったのだ。事情がよくわからないまま自宅へと急ぐ道すがら、すずは海兵団へ進んだ幼なじみ・水原哲(村上虹郎)と出会う。てっきり哲が相手の人だと思っていたすずはさらに混乱する。

その頃、浦野家では北條周作(松坂桃李)とその父・円太郎(田口トモロヲ)がすずの帰宅を待っていた。すずの父・浦野十郎(ドロンズ石本)と母・キセノ(仙道敦子)は突然の来客に恐縮しながら会話をつなぐ。周作は以前にすずを見初めたというが、こっそり家の様子を覗いたすずには見覚えが全くなく…。

引用 – 「この世界の片隅に」公式サイト

太平洋戦争の最中に、広島県の呉市に嫁いできたヒロイン・すずさんが送るかけがえのない日々を描いた実写化ドラマです。
戦争が激しくなっていく中でも、普通の暮らしを送っていた広島の人々。
しかし、物資の不足や大切な家族や友人が戦場に駆り出されていく中で、人々の不安は募っていくばかり。
それでも毎日を前向きに明るく過ごそうとするすずさんたちのは、現代を生きる私たちと通じるところがあるのではないでしょうか。

ちなみに、私は2016年11月12日に公開された同名映画も見に行ったのですが、個人的にはドラマの方が好みでした。
しかし、アニメーション映画ならではのあの優しい絵柄もとても素敵でしたよ。
今のところ、映画もドラマもストーリーは変わっていないと思います。

登場人物・キャスト

主人公・北條すず(浦野すず)を演じるのは、松本穂香さんです。
今回、約3000人の応募者の中から5回のオーディションを経て、見事主人公・すずに抜擢されました。
松本穂香さんはまだ芸歴3年ということで、かなり演技派といえそうですね。

また松本穂香さんは主演が決まると、大好きな洋菓子を控えるようにしたり、料理や裁縫の練習をしたり、さらには私生活で下駄を履くようにするなどと役作りに努めたそうですよ。
松本穂香さん演じる可愛らしいすずさんの姿に注目が集まりますね。

また、すずさんの夫・北條周作を演じるのは松阪桃李さんです。
先日、撮影の初日に緊張していた松本穂香さんを気遣い、『結構、緊張しいなの?』と声をかけてあげていたというエピソードが明かされました。
エピソードからわかるような優しい人柄の松坂桃李さんが今回演じるのは、不器用だけれどとても誠実で温かい人物です。
松坂桃李さんにはぴったりな役なのではないでしょうか。

その他、尾野真千子さんや伊藤蘭さん、田口トモロヲさん、子役の稲垣来泉さんが北條家の家族として出演していますよ。

北條(浦野)すず…松本穂香
北條周作…松坂桃李
水原 哲…村上虹郎
刈谷幸子…伊藤沙莉
堂本志野…土村 芳
浦野十郎…ドロンズ石本
浦野すみ…久保田紗友
浦野すず(幼少期)…新井美羽
黒村晴美…稲垣来泉
白木リン…二階堂ふみ
近江佳代 <現代篇>…榮倉奈々
江口浩輔 <現代篇>…古舘佑太郎
節子 <現代篇>…香川京子
黒村径子…尾野真千子
刈谷タキ…木野 花
堂本安次郎…塩見三省
北條円太郎…田口トモロヲ
浦野キセノ…仙道敦子
北條サン…伊藤 蘭
森田イト…宮本信子

主題歌

ドラマ「この世界の片隅に」の音楽を担当しているのは久石譲さんです。
また、予告や劇中で主演・松本穂香さん歌う『山の向こうへ』という曲が実質の主題歌になりそうです。
ドラマ内で使用された久石譲さんによる音楽と『山の向こうへ』が収録されたオリジナル・サウンドトラックは8月29日より発売されていますよ。


※画像をクリックすると楽天ブックスへ移動します。

コメントを残す