<予約速報>まく子 DVD 発売日・特典・レンタル情報

この記事では、草彅剛さんが出演する映画「まく子」のBlu-ray・DVDの予約特典情報や価格比較、レンタル開始日など掲載します。

映画「まく子」は、2019年3月15日に劇場公開されました。

本作は、これまで数々の賞を受賞してきた直木賞作家・西加奈子さんの同名小説が原作となっています。

小さな温泉街で暮らす小学5年生の男の子・慧(さとし)と、転入してきた不思議な美少女・コズエの成長を描いた物語となっていますよ。
思春期ならではの葛藤や複雑な心境をみずみずしく表現しています。

主演を務めるのは、現在中学3年生の山﨑光さん。そして、コズエを演じるのは13才の新音さんです。
今、大注目の若手俳優2人の演技力の高さにも注目して観たいですね。

実写化は難しいと言われていた「まく子」。
メガホンをとったのは、初長編映画『くじらのまち』でPFFアワード2012・グランプリ&ジェムストーン賞をW受賞、第63回ベルリン国際映画祭をはじめ数々の賞を受賞するなど、海外からも注目を集めている鶴岡慧子監督です。

 

あらすじ・見どころ

ひなびた温泉街の旅館の息子・サトシは、小学5年生。自分の体の変化に悩み、女好きの父親に反感を抱いていた。ある日、美しい少女コズエが転入してくる。言語がどこか不思議なコズエに最初は困惑していたが、次第に彼女に魅せられていく。そして、「ある星から来たの。」と信じがたい秘密を打ち明けるコズエが、やがて町の人々みんなにまいたものとは…。かけがえのない思春期を生きるサトシの葛藤とコズエとのせつない初恋を軸に、家族を愛しつつも浮気をしてしまう父親、それを知りながら明るくふるまう母親、道ならぬ恋をする若い女性、訳あり親子……小さな町のどこか不器用な人々を映し出す。

引用 – 映画「まく子」公式サイト

この作品の魅力は、かつて子どもだった大人たちに「信じること」や「変化を恐れないこと」、そして「許すことの強さ」など様々な気付きをくれるところだと思います。

実写化は難しいと言われている作品でしたが、原作を大切にしつつ映像ならではの良さを出しながら登場人物たちの繊細な心の動きを表現していますよ。

思春期ならではのあの複雑な感情や、お母さんが握ったおにぎり等、懐かしい気持ち浸れる優しい作品です。
ぜひ、大人の方に見て欲しい映画です。

映画「まく子」の評価・感想まとめ

“父ちゃん”につよぽんをキャスティングした人ありがとう! この“父ちゃん”からつよぽんをイメージするその発想すごい。ホントいい感じの緩さと色気があったもんなぁ…
おにぎりのシーン本当良かった ファンタジーほんわかあったかいものが残る映画だったなあ つよぽんの存在感凄かった
『まく子』やっと観れた!そしてやっぱり役者草彅剛最高!
まく子 本当にファンタジーよね。私も好きな感じだなぁ。おにぎりはすごいアツアツで美味しそうだったなぁ。あのシーンのつよぽんめっちゃ良かったなぁ。
評判通り、映像が美しくて、温かい気持ちになれる映画でした🌸じわじわ涙が出てきて、何だか自分が浄化されていくような…
とっても好きな作品。草彅剛 父ちゃんの『隙』の憎らしさよ💕
まく子、素敵な心温まる映画でした 何気無い日常の中に溢れてる愛おしいという気持ち 人が生きていくという事 父と息子、子供から大人へ 沢山の想いに触れて浸れる ファンタジーの姿を借りた、人が生きるということに想いを馳せれる映画だと感じました
思春期の入口にいる子供を持っている今、出会えて良かった映画だなと思う この時期の渦中は長くて、過ぎると短い煌めいた世代の揺らめいた感じ
瑞々しい、って素晴らしい!何度も観た作品だけど、観るたびに涙する場面が違ったりする サトシの父ちゃん…色っぽいです
「まく子」の父ちゃん本当に良かったよね ちょっとその感じダメでしょな色気もあって… 最後のファンタジーな終わりかたもステキだと思う

キャスト

主人公のサトシを演じるのは山﨑光さん。映画や舞台など中学生ながら幅広く活躍する俳優さんです。
子どもと大人の狭間で悩む複雑な心情を等身大で演じています。

ヒロイン・コズエを演じるのは新音さんです。
RADWIMPS「狭心症」のMV出演で注目を集める他、第68回ベルリン国際映画祭ジェネレーション部門・正式招待作品として選出された『Blue Wind Blows』(18/富名哲也監督)に出演するなど今後の活躍が期待される注目の若手女優。
本作の“まく子”というミステリアスなキャラクターを演じきりました。

そしてサトシの父・光一を演じたのは草彅剛さん。
口コミを見ていても1番多かった感想は、草彅剛さんの演技力への称賛でした。
家族への愛情をもちつつ浮気をしてしまう父親を、自然体かつ色気を漂わせながら演じています。
ファンにはたまらない映画なのではないでしょうか。

その他、須藤理彩さんや村上純さん(しずる)さん、つみきみほさん等演技派の俳優が脇を固めています。

南雲慧(ぼく・サトシ):山﨑光
コズエ:新音
南雲明美:須藤理彩
南雲光一:草彅剛
コズエのオカアサン:つみきみほ
ドノ:村上純(しずる)
慧の担任・小菅:橋本淳
類:内川蓮生
キミエ:根岸季衣
校長:小倉久寛

主題歌

映画「まく子」の主題歌は、高橋優さんの『若気の至り』です。

切ないメロディにのせたセンセーショナルな歌詞が、心に響きます。誰もが経験する思春期の気持ちを歌った名曲ですよ。

コメントを残す