<予約速報>空母いぶき DVD 特典・発売日・レンタル情報

この記事では、西島秀俊さん・佐々木蔵之介さんが主演を務める映画「空母いぶき」のBlu-ray・DVDの予約特典情報や価格比較、レンタル開始日など掲載します。

映画「空母いぶき」は、2019年5月24日に劇場公開されました。

かわぐちかいじさんのベストセラーコミック「空母いぶき」が、主演に西島秀俊さん・佐々木蔵之介さんを迎え実写映画化されました。

映画では原作のストーリーにオリジナル設定と展開を加えられており、原作のファンの方も初見の方も楽しめる作品となっていますよ。

監督を務めたのは、映画『ホワイトアウト』や『沈まぬ太陽』などを手掛けた若松節朗監督です。
骨太な人間ドラマに定評がある方なので、今回の作品も大人向けのしっかりとしたストーリーに仕上がっているのではないでしょうか。

脚本を務めたのは、日本中でブームになった「平成ガメラシリーズ」の生みの親・伊藤和典さんと、多くの舞台作品を手掛け映画監督としても活躍されている長谷川康夫さんです。

お2人ともこれまでに数々の賞を受賞しており実績のある脚本家なので、本作では原作にどのようなアレンジを加えているのか楽しみですね。

 

あらすじ・見どころ

20XX年、12月23日未明。未曾有の事態が日本を襲う。沖ノ鳥島の西方450キロ、波留間群島初島に国籍不明の武装集団が上陸、わが国の領土が占領されたのだ。海上自衛隊は直ちに小笠原諸島沖で訓練航海中の第5護衛隊群に出動を命じた。その旗艦こそ、自衛隊初の航空機搭載型護衛艦《いぶき》だった。計画段階から「専守防衛」論議の的となり国論を二分してきた《いぶき》。艦長は、航空自衛隊出身の秋津竜太一佐。そしてそれを補佐するのは海上自衛隊生え抜きの副長・新波歳也二佐。現場海域へと向かう彼らを待ち受けていたのは、敵潜水艦からの突然のミサイル攻撃だった。さらに針路上には敵の空母艦隊までもが姿を現す。想定を越えた戦闘状態に突入していく第5護衛隊群。政府はついに「防衛出動」を発令する。迫り来る敵戦闘機に向け、ついに迎撃ミサイルは放たれた……。

引用 – 映画「空母いぶき」公式サイト

この作品は、近い未来日本に起こりうる戦いを描いた物語。

国民の命を守るために奔走する航空機搭載型護衛艦《いぶき》の乗員たちを中心に、政府やメディア、そして国民たちがそれぞれの立場で戦う激動の24時間が描かれています。

平和を終わらせないために彼らは何を考えどんな選択をするのか、そんな未来の日本の姿を壮大なスケールで描いた超ド級のエンタテイメント大作。

私たちが、戦後経験したことのない。けれども他人事で見ることはできないストーリーとなっています。
ぜひ劇場で体感したいですね。

「空母いぶき」の評価・感想まとめ

いやぁー、面白かった(*^_^*) 西島秀俊さんの演技がすごくよかった。いま日本のメジャー映画が表現できるギリギリのグレーなところで頑張った作品だった。もっとイイ評価されて欲しい。
実体の掴めない敵艦との大迫力の攻防戦と互いの信頼関係の上に成り立つ忠誠心と敬意がひたすらカッコ良かった。秋津艦長と新波副艦長の考え方の相違による離れた心が、徐々に寄り添っていくのも胸アツ。西島秀俊さんの晴れやかな表情、佐々木蔵之介さんの押し堪えた感情が印象的でした
ストーリー展開の緩急に最初は変な違和感があったけど、ミリタリーではなくコメディの緩急で見ていくと面白いと途中で気付いた。
映画「空母いぶき」が予想以上に面白かった かわぐちかいじさんの原作の緻密さを若松節朗監督らスタッフが見応えある映像作品に仕上げていた。緊張感、緊迫感が半端ない👍関西人艦長さんがいい味😂
公開前のネガキャンはなんだったのかレベルで面白かったぞ!元自衛官というのもあって感情移入しまくりでハラハラもんでした。件の総理大臣も最初は頼りないけど後半にちゃんとキメてくれたし。
凄かった。息詰まる海戦… 堪らん。これは手元にメディアが欲しい。BD出たら買おう(´-`)
今そこにある危機、専守防衛の意義、日常の大切さなど諸々考えさせられます。それにしても、有事の際に前線に立つ方達には頭が上がらない。
緊張感あって、エンタメとしても面白かった。佐藤浩市が安倍晋三を揶揄?ふざけるなって。めちゃくちゃかっこよかったわ。
空母いぶき は原作とば別物と考えれば良いと思うし、艦隊戦に絞ったのは原作見てない人には分かりやすくて良かったかも。とはいえ、離島奪還の陸戦や ガチの外交戦も見たかったのが本音。
『空母いぶき』観てきた〜よかった〜。公開前に炎上したらしいけど、私は好きな作品だなあ。自衛隊というのは、”自衛”隊なんだよなあとしみじみ。エンターテイメントとして観てもいいし、現実との関わりをリアルに考えてもいい。西島秀俊目当てだったけど行ってよかった。

キャスト

西島秀俊さん・佐々木蔵之介さんがW主演を務めています。

西島秀俊さんが演じるのは、航空機搭載型護衛艦《いぶき》の艦長・秋津竜太。
クールな印象の強い西島秀俊さんですが、今秋演じる秋津というキャラクターは強い意志と危うい発言を繰り返す熱い人物です。

そして佐々木蔵之介さん演じる航空機搭載型護衛艦《いぶき》の副長・新波歳也は、秋津とは正反対の考え方の持ち主。
しかし、攻撃的な姿勢でありながらも自分の務めを全うしようと懸命な秋津に強い信頼感を持っています。

同期でありながらライバル同士という2人の関係性は、この作品の中でも大きなテーマのひとつと言えます。

内閣総理大臣の垂水慶一郎は佐藤浩市さんが演じています。
危ない状況の日本を守るため、困難な選択を迫られる政府ですが慶一郎は毅然とした態度で次々に判断を下していきます。
しかし、その裏で様々な葛藤を繰り返す人間らしい一面も。
難しい役どころではありますが、佐藤浩市さんがどう演じているのか注目ですね。

そして、本田翼さんが演じるのはネットニュースの記者・本多裕子。
このキャラクターは、原作には登場しない映画オリジナルのキャラクターです。物語を左右するかなり重要な人物ですよ。
男性の多いキャスト陣ですが、その中でどんな演技を見せてくれるのでしょうか。楽しみですね。

その他にも、藤竜也さんや市原隼人さん、玉木宏さん、高島政宏さんなどなど、超豪華キャストが脇を固めています。

秋津竜太 – 西島秀俊
新波歳也 – 佐々木蔵之介
本多裕子 – 本田翼
田中俊一 – 小倉久寛
滝隆信 – 髙嶋政宏
瀬戸斉明 – 玉木宏
淵上晋 – 戸次重幸
迫水洋平 – 市原隼人
有澤満彦 – 堂珍嘉邦
藤堂一馬 – 片桐仁
岡部隼也 – 和田正人
葛城政直 – 石田法嗣
柿沼正人 – 平埜生成
吉岡真奈 – 土村芳
森山しおり – 深川麻衣
浮船武彦 – 山内圭哉
中野啓一 – 中井貴一
中根和久 – 村上淳
沢崎勇作 – 吉田栄作
沖忠順 – 佐々木勝彦
城山宗介 – 中村育二
石渡俊通 – 益岡徹
晒谷桂子 – 斉藤由貴
湧井継治 – 藤竜也
垂水慶一郎 – 佐藤浩市

主題歌

この作品に主題歌はありません。

音楽を担当するのは、これまで『あゝ、荒野』や『聯合艦隊司令長官山本五十六』など幅広いジャンルの音楽を手掛けてこられた岩代太郎さんです。

コメントを残す